大宮 香織

宮城県仙台市出身。常盤木学園高等学校音楽科、

宮城学院女子大学音楽科をともに声楽専攻で卒業。

東京バプテスト神学校教会音楽科修了。

教会音楽リーダーとして、教会奏楽者、聖歌隊指導などを務める。
作曲や演奏活動をしつつ、合唱やピアノ指導を行っている。

オリジナルCD『しあわせのおきて』をリリース。

代表作「雨ニモマケズ」。(Youtubeで配信中)

2016春、夫と共に北九州に引越し。グレースアカデミー主宰。​

2018年より西南女学院大学短期大学部にて非常勤講師。

・・・・・・・・・・・・・・・

<詳細>

仙台市出身。クリスチャン家庭に生まれ、幼少の頃から家族と共に教会へ通い、讃美歌や教会音楽に親しむ。4歳からピアノ、15歳から声楽を習い、常盤木学園高等学校音楽科を経て宮城学院女子大学音楽科をともに声楽専攻で卒業。2005年、同大学卒業演奏会出演。 厳しいレッスンを通し、何のために歌うのかを探るうち、大学卒業間際に献身の志が与えられ、東京バプテスト神学校教会音楽マスターコースへ進学。その後、演奏活動をしつつ、ピアノ、歌、合唱などの指導、教会音楽リーダーとして教会奏楽者や聖歌隊の指導にあたる。東日本大震災を通し、それまでの音楽の意味や価値が変わり、音楽を通して癒しと慰めを必要とされるところへ音楽を届けにいきたい、との思いで、避難所や仮設住宅、様々な施設への訪問演奏も積極的に行っている。2011年4月にはトルコで開催された3・11東日本大震災への支援コンサートに出演(イズミル市・日本イズミル文化友好協会主催、イスタンブール日本総領事館後援)。その他県内外、国内外のチャリティーコンサートに多数出演。自身の被災体験を織り交ぜながら、変わらない神の愛を歌にのせて届けている。

「ユーオーディア」、女声ヴォーカルアンサンブルグループ「stella」、各メンバー。2013年秋、オリジナルCDアルバム「しあわせのおきて」をアルファトラックスより発売。詩画作家・星野富弘氏の作品を歌う特別企画のCD「Colors of Tomihiro Hoshino」に参加。詩画の世界を音楽と共に伝えている。

2015年まで、八木山聖書バプテスト教会教会音楽リーダーとして務め、結婚後、2016年春より北九州へ移住。夫は牧師。

ピアノと歌の指導にあたっている。

2018年より西南女学院大学短期大学部にて非常勤講師。

グレースアカデミー         SonRise Community

© 2016  by Grace Academy